Uncategorized

頭頂部が薄い基準を解説!つむじとハゲの違いについて

頭頂部が薄いと感じるが、これは正常なつむじなのか、それともハゲなのか判断に迷っている方も多くいます。

今回は薄毛を見極める方法を画像なども合わせてご説明していきますのでぜひ参考にしてみてください。

薄毛は早ければ早いほど改善がしやすいので、ハゲかどうかを見極めて早めに対策を練るのがポイントです。

頭頂部が薄い基準は毛の太さを見ればわかる

まずは、頭頂部が薄くなると実感する特徴をいくつか紹介していきます。一つでも思い当たる節があれば、ハゲが進行し始めているサインなので要注意です。

頭頂部ハゲの特徴

  • つむじ周りの毛が細い
  • つむじの渦が弱い
  • 地肌が透けて見える
  • 頭皮が赤っぽい

つむじ周りの毛が他の部位(襟足や側頭部)よりも細くなる

頭頂部のつむじ周りはAGAの影響を受けて、毛が細くなりやすいです。他の部位(襟足など)と比べて毛が細く感じたら要注意。

つむじの渦が弱くなる(もしくはなくなる)

正常なつむじがあれば渦の形がきれいです。髪の毛の流れが発生する中心になっていればそれは正常なつむじだといえます。薄毛の症状が進行していなければ渦の形が乱れることはありません。

しかし、薄毛の症状が進行してしまうと徐々に薄毛の形が崩れ、6の字のようにつむじの形が変わってくるのです。カメラで撮ったり、鏡でみたりしてつむじの形が崩れてないかどうか確認してみてください。

光の下や水に濡れると地肌が透ける(毛が細くなっている証拠)

光の下や水に濡れてしまうと地肌が目立つように見えるのは毛が細くなっている証拠です。

髪の毛が太く丈夫に育っていれば、光を通すこともありませんし、水に濡れて地肌が目立つこともありません。毛が細いと光が地肌に直接当たってしまうこともありますし、水に濡れることで髪の毛が束になり地肌が目立って見えるようにもなります。

頭皮の色が赤っぽい

つむじ部分の頭皮の色を確認してみてください。正常なつむじであれば青白いような色をしているのですが、血行不良や炎症が起きていることが原因で頭皮の色が赤っぽくなってしまうことがあります。髪質だけではなく頭皮の色もしっかり確認しておくことが大切です。

自分も頭頂部にも当てはまるものがありましたか?
次は、実際に頭頂部の写真を見ながら、正常な頭頂部とハゲの違いを解説していきます。

頭頂部が薄い画像と正常な画像で確認

正常なつむじの画像


引用元:https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9829974.html

つむじ周りの髪の毛を見てみましょう。他の部分と比べても髪の毛の太さは変わりませんし、密集して生えているのでこのつむじは正常です。頭皮の色も青白いような白っぽい色をしているので、血行不良や炎症を起こしていることもありません。


引用元:https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9415907.html

つむじ周りに密集して髪の毛が生えています。側頭部や後頭部の髪の毛と比べても、頭頂部部分の髪の毛は変わらないように見えますし、太さも問題ありません。つむじも白に近い色をしていますし、この画像の方は正常なつむじだと言えるでしょう。

頭頂部が薄い画像(初期)


引用元:http://aga-c.com/wp-content/themes/standard_black_cmspro/img/645ccdc953fdb398b347ada1c6b92cac.jpg

ちょうど光が当たっているので、少し地肌が透けたように見えますね。つむじ部分がハゲていれば光はつむじを反射してしまうので、このような画像の見え方になってしまいます。頭皮は白っぽい色をしているので一見薄毛ではないと思いがちですが、つむじ部分の形が乱れています。つむじ部分周辺の髪の毛を見ても周りの髪の毛と比べて細いように感じますし、この画像のつむじは薄毛だと判断できます。


引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14144513549

頭皮に光が当たっており、地肌が目立っています。光の加減で頭皮の色がわかりにくいですが、つむじの端の方を見てみると赤っぽい色をしています。これは、血行不良などが原因で頭皮が炎症を起こしている証拠です。炎症が起きているにもかかわらず、何もしないで放置しておくとどんどん薄毛の症状が進行していく一方です。つむじ周りの髪の毛も細い髪の毛ばかり集まっていますし、早めに対策を練ることが必要です。

自分では頭頂部が薄いのか正常なのかわからない場合の対処法

上記のポイントに当てはまるか分からなかったり、画像を見比べてみてもわからなかった場合はAGAクリニックに受診して相談することをおすすめします。

AGAクリニックでは問診だけではなく、血圧、血液検査などで詳しく検査することができます。皮膚科でも薄毛の症状を診断してもらうことができるのですが、その場合は問診だけになります。

AGAクリニックとは違って詳しく検査してもらうわけではないので、自分で客観的な判断ができない場合はAGAクリニックに行くことをおすすめします。

AGAクリニックならマイクロスコープなどの専用の器具を使用して他の部位の髪の毛の太さの違いを調べたりして、薄毛が進行しているのかどうかを専門医がしっかり診察してくれるので間違いありません。

もちろん、診察してもらったからといって治を強制させられるわけではありません。現在では多くのAGAクリニックがありますが、無料カウンセリングを行っているところも多いので、まずは気軽に相談しに行ってみてはいかがでしょうか?

カウンセリングだけでもしっかり悩みを聞いてくれますし、ライフスタイルのアドバイスもしてくれます。

検査までとはいきませんが、専門医が目で薄毛の症状を見てくれます。治療する際は保険がきかないことがほとんどなので、高額な治療費が必要となりますがその際のカウンセリングの時点でしっかり説明してくれるので安心です。

納得した上で治療にあたることができるので、薄毛治療に専念することができます。

(注意)素人に相談しても良いことはない

薄毛の悩みを知識のない方に相談してもあまり良い事はありません。

家族に相談したり、周りの友人に聞いてもらうなどして相談をしても、あなたと同じ素人なので正確な判断をすることができません。しかも、気を遣って薄毛かどうか本音ではっきり伝えてくれないケースもあるので、相談しても意味がないでしょう。

さらに、ネットで自分の写真を上げて相談しても、見ているのは素人であることがほとんどなので、自分で見るのと大した違いもありません。むしろ、簡単に他人に相談してしまうことで誤った情報に踊らされてしまう危険性もあります。

薄毛ではないと判断されてしまうと、もし本当に薄毛だった場合対策が恐れて薄毛の症状がどんどん進行していってしまう場合もあるのです。

つむじハゲは対策が遅れれば遅れるほど症状は悪化し、手遅れになってしまうこともあります。もし、病院に行く勇気がなくて知人に相談したいのであれば、上記でもお伝えしましたが事前に本音を言って欲しいということをはっきりと伝えておくことがポイントです。

頭頂部部分が気になった段階で早めに対策を練ることが大切なので、気になった場合は専門医に相談しましょう。薄毛の初期段階であれば育毛剤などでも症状を改善することができるので、頭皮の状態を毎日確認しておくと良いですね。

RECOMMEND

-Uncategorized

Copyright© 頭頂部が薄い男の対策術 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.