Uncategorized

頭頂部の薄毛は遺伝が原因!遺伝による薄毛を対策する方法

投稿日:

「親が薄毛だけど、自分も将来はげてしまうのだろうか…」
「最近頭頂部が薄いような気がするけどどうしよう…」
「周りの人にハゲって思われてたらどうしよう…」

一度薄毛を気になってしまったら、どんどん悪い方向に考えていってしまいますよね。ずっと周りの目を気にしながら生活し続けていくのも憂鬱になってきます。

でも、安心してください。

今回は頭頂部が薄くなる原因や、効果的な対策方法もご紹介していきます。薄毛を気にしてネガティブな気分になるのではなく、正しい対策に取り組んで薄毛の悩みを解消していきましょう!

頭頂部が薄いのは遺伝による影響がほとんど

頭頂部が薄くなるのはAGAによる影響がほとんどです。

AGAとは、男性ホルモンが原因でハゲてしまう脱毛症のこと。ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる強力な男性ホルモンが体内で作られることによって、毛の成長サイクルが乱され、抜け毛が増えていくのが特徴です。

AGAになりやすい体質は、母方から遺伝すると考えられています。よく「おじいちゃんが薄毛だとハゲる!」と言われますが、あながち間違いではありません。

家族に薄毛の方がいるからといって必ずしもAGAを発症してしまうわけではありませんが、1番の原因が遺伝と言われているので意識しておくことに越した事はないでしょう。

遺伝による頭頂部の薄毛も改善できる

残念ながら遺伝によるAGAの発症を予防する方法はまだ確認されていません。

しかし、AGAを発症してしまったとしても正しい方法で対策することで、遺伝による薄毛も大きく改善することができるんです。

ハゲになってしまったからといって卑屈になるのではなく、早めに対策をして薄毛の悩みを改善していきましょう。
むしろ、悲観的になりすぎるとストレスが溜まって、より薄毛の症状を進行させてしまう可能性があるので、「薄毛は治るんだ」と前向きに考えることが大切です。

ただし、間違った方法で対策してしまうと薄毛の症状を改善させるどころか、どんどん進行させてしまう場合もあります。

遺伝で発症してしまったAGAを改善したいのであれば育毛剤を使用した方が良いでしょう。

育毛剤を使用することで細くなってしまった髪の毛を太く丈夫に育てることができるので、見えていた地肌を目立たせなくすることができます。

また、ひどく症状が進行してしまったのであれば病院で薬を処方してもらった方が良いでしょう。

「薄毛 改善」と検索すると、良いシャンプーを使う、サプリメントを服用する、頭皮マッサージをする、生活習慣を改善するなど様々な方法がヒットします。しかし、これらの方法は育毛に効く有効成分が含まれていませんし、生活習慣を改善するだけでは薄毛を改善することができません。

薄毛に効く有効成分が配合されているのは育毛剤か薬のみなのです。

薄毛初期なら育毛剤を使う

薄毛が初期段階であれば育毛剤でも充分に薄毛を改善することができます。

育毛剤は髪の毛に直接アプローチをかけて、成長を促してくれる効果のあるものです。髪の毛に不足していた栄養素を補い、1本1本を太く丈夫なものに育ててくれます。

使い続けることで徐々に地肌が髪の毛で隠れて目立たなくなってきます。

育毛剤には血行促進作用や男性ホルモンの働きを阻害する効果のある成分が配合されています。それだけではなく頭皮の環境を整えてくれる成分や、バリア機能を高めてくれる成分などもたくさん配合されているのです。

敏感肌やアレルギー肌の方でも、石油系界面活性剤や防腐剤、着色料、香料などが無添加なものがありますし、低刺激なので安心して使い始めることができます。

育毛剤には育毛効果のみならず、脱毛抑制効果、保湿効果など様々な効果を期待することができます。かゆみケアやフケ予防など頭皮の様々なトラブルに対して効果を発揮してくれる優れものです。

育毛剤を使用する際は良いシャンプーやサプリメントの服用を併用して使うと良いでしょう。シャンプーで頭皮を清潔に保つことで育毛剤の成分が浸透しやすくなりますし、サプリメントを服用することで外からも内からもアプローチをかけることができます。

育毛剤の効果をより高めてくれますし、それに加えて頭皮マッサージをしてあげるのもおすすめです。

ただし、育毛剤は毎日欠かさず使い続けなければなりません。1ヵ月や2ヶ月程度では目に見えた効果があるわけではないので、最低でも6ヶ月程度は頑張って続けるようにしましょう。

途中でやめてしまうと再度薄毛の症状が出始め、また一からの対策をしなければならなくなってしまいます。あきらめず根気強い気持ちを持つことが大切です。

薄毛中期なら薬を使う

薄毛の症状が進行してしまった場合は育毛剤では効果を実感することができません。上記でもお伝えしましたが育毛剤はもともとある髪の毛に対してアプローチをかけて薄毛改善を目指してくれるものです。

髪の毛がなければ育毛剤は働きかけることができないので、使用していても意味がないのです。

薄毛がかなり進行して周りからも指摘されるレベルなら、病院で薬を処方してもらいましょう。

病院では問診だけでなく、血圧、血液検査などを行い、詳しい症状を検査してもらえます。その検査結果に基づいて症状に合った薬を処方してもらうことができるので、薄毛改善に大きく効果を期待することができます。

しかし、薬を処方してもらう際は費用も高いですし、副作用のリスクがあります。薄毛治療は保険が効かないことがほとんどなので、月30,000円程度の費用を見積もっておくと良いでしょう。

これまで症例が上がっている副作用の症状としては、かぶれやかゆみなどの皮膚疾患、精神神経系、性機能障害、肝機能障害などです。医師と話し合って今後の治療法を決めていく必要があります。

遺伝による薄毛が治らない場合は対策方法を見直す

ハゲ対策をしても治らない場合は、自分に合った方法で対策ができていない可能性が高いです。

薄毛に効果があるのは育毛剤と薬だけだからと言って、闇雲に使えば良いというわけではありません。進行状況によってどちらを使えば良いのかは変わってきますし、薄毛の症状が進行してしまっているのに育毛剤を使用していても意味がないのです。

また、薬での治療も育毛剤を使用しての対策も毎日使い続けなければ意味がありません。髪の毛にはヘアサイクルがあるのですが、薬や育毛剤はその期間に沿って効果を発揮してくれるものです。

ですので、短期間では目に見える効果を実感することができず、最低でも3ヶ月から6ヶ月は続けるようにしましょう。

一刻も早く効果を得たいからといって使用量を守らない方もいますが、これは全くの逆効果です。使用量を増やしても得られる効果に変わりはありませんし、薬の場合はむしろ副作用のリスクを高めてしまう危険性もあります。

薄毛を改善したいのであれば使用方法はしっかり守って取り組むようにしましょう。

参考:頭頂部の薄毛が治らない時に知っておきたい知識まとめ

RECOMMEND

-Uncategorized

Copyright© 頭頂部が薄い男の対策術 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.