Uncategorized

頭皮が硬いと禿げやすい!頭皮を柔らかくする方法【動画付き】

投稿日:

頭皮が固いと髪の毛が成長しにくい環境に変化してしまいますし、良い事は1つもありません。

今回は、頭皮の硬さはどのように判断するのか、頭皮を柔らかくする方法はあるのかなどをまとめました。

髪の毛が成長しにくい環境になってしまうと、はげてしまう可能性もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

頭頂部の頭皮が硬い判断基準

頭皮を少しつまんでみてください。つかめなければ頭皮は硬くなっているということになります。

頭皮がつかめるのであれば通常な柔らかさなので、安心してください。

この時無理矢理引っ張って掴むのではなく、優しくつまんであげてくださいね。無理矢理掴むと頭皮には刺激になってしまいますので注意しましょう。

頭頂部の頭皮が高いのは血行不良が原因

頭皮が硬くなっているのは血行が悪くなっているからです。

血行不良となる原因は運動不足、ストレスの蓄積、デスクワークなどが挙げられます。

運動不足になると頭皮の血行不良を招いてしまう原因になります。運動不足になると筋肉が弱まってしまい、血管が圧縮されてしまいます。血管が細くなってしまうと頭皮に栄養が行き届かなくなってしまうため、頭皮が硬くなってしまうのです。

偏った食生活を送っていたり睡眠不足になってたりしませんか?
髪の毛を構築するにはタンパク質、ビタミン、亜鉛が必要だと言われているのですが、これらの栄養素がしっかり摂取できていないと頭皮に栄養を届けることができません。

また、睡眠が時間が確保されている1日働いた脳や体を休めることができず、ストレスが溜まってしまいます。ストレスが溜まるとずっと交感神経が働いたままになってしまうため、自律神経が乱れてしまうのです。自律神経が乱れると血管が収縮され、血行不良を引き起こしてしまいます。

そして、現代の社会で増えてきている原因なのがパソコンやスマホです。
デスクワークで長い時間ずっとパソコンに向かっていたり、スマホをずっと触っていたりすると同じ姿勢を保つことになります。同じ姿勢を取り続けると体全体の血液の流れが滞り、血行不良を招いてしまうのです。ちなみに、眼精疲労の血行不良が原因で起こるものです。

頭頂部の頭皮の硬さを放置するとハゲの原因になる

頭皮が血行不良になっているのに、それをそのまま放置してしまうとはげてしまう危険性があります。

血液は髪の毛や頭皮に大切な栄養を運んでくれる重要な道です。しかし、その道が血行不良によって塞がれてしまうと、栄養を届けることができず髪の毛は栄養不足になってしまいます。

また、血行不良を起こすことで多くの男性が悩んでいるAGAを発症してしまう可能性もあるのです。

AGAは男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼと結合することでできてしまうジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンが原因です。

髪の毛には成長期、退行期、休止期の3つの期間を設けられており、1連の流れをヘアサイクルと呼んでいます。ジヒドロテストステロンには髪の毛の成長期を短くしてしまう働きがあるため、頭皮は栄養不足だけではなく成長不足にもなってしまいます。

本来であれば太く長い髪の毛に育つはずが、ジヒドロテストステロンが働くおかげで細く短い髪の毛のままヘアサイクルを終えてしまうのです。その後も栄養が届かなくなるため、最終的には毛根から抜け落ち、薄毛の症状を引き起こしてしまいます。

このように、頭皮の血行不良を起こすことで眼精疲労や頭痛を引き起こすだけではなく、薄毛の症状まで出てくるんです。

将来ハゲて周りの目を気にしながら生活しなければいけない、なんてことのないように今からでもすぐに頭皮を柔らかくしてあげる必要があります。

頭皮を柔らかくするのに頭皮マッサージだけでは意味がない

頭皮マッサージには確かに血行促進効果があります。しかし、残念ながらその効果は一時的なものです。
その場しのぎになってしまうので、根本的な血行不良改善にはつながりません。

頭皮マッサージだけで頭皮を柔らかくしようと思うと、1日に何回も行う必要があるので頭皮にとっては負担になってしまいます。

適度に頭皮をマッサージすることで眼精疲労や頭の疲れなどを取ることができますが、やりすぎてしまっても逆効果です。

頭皮マッサージをやりすぎてしまうと、頭皮に摩擦がかかってしまい、傷つけてしまう原因になります。その傷から細菌が入り込んで炎症を起こし、頭皮のかゆみ、ニキビ、抜け毛など様々なトラブルを招いてしまう可能性もあるのです。

頭皮を柔らかくしたいからと言ってやりすぎてしまうのではなく、適度に抑えることがポイントです。

頭皮を柔らかくするなら育毛剤と頭皮マッサージの組み合わせが最強

育毛剤には血行促進効果のある有効成分が配合されています。センブリエキスには血行促進作用や発毛促進効果もありますし、育毛効果が高いとして厚生労働省にも効果を認められています。

また、カプサイシンには血管拡張作用があるので、滞っていた血液の流れをスムーズにさせることができます。これも血行不良を改善することにつながるので、センブリエキスやカプサイシンなどが配合されているものを選ぶと良いです。

カプサイシンは唐辛子などに含まれている辛味成分なのですが、頭皮に直接つけたからといってヒリヒリするということはないので安心してください。

育毛剤を使用する際は頭皮マッサージと併用して行ってあげると良いです。

頭皮マッサージで血行をスムーズにしてあげることで、育毛剤の成分がより頭皮の深部まで行き届くようになるので、より効果を期待することができます。頭皮マッサージで頭皮を柔らかくしつつはげ予防にもつながるので、オススメの対策方法です。

※内部リンク(頭頂部 育毛剤)

効果的な頭皮マッサージのやり方

頭皮をくるくると適度に刺激しながらマッサージしてあげることでも血行促進作用があるのですが、正しいマッサージの仕方でやることで、より大きく効果を期待することができます。

  1. 手のひらの下部分を使って耳の上から頭頂部にかけてくるくるとマッサージしていきます。頭頂部のところも忘れず解してあげましょう。
  2. 次に耳の後ろから頭頂部に向けてと、後頭部から頭頂部に向けて同じようにマッサージします。この際、硬くなった筋膜をほぐすような感じで丁寧に頭皮を刺激してあげましょう。痛気持ちいい程度の力で充分です。
  3. 5本の指の腹を使って耳の上から頭頂部にかけてくるくるとマッサージしていきます。
  4. 同じく耳の後ろから頭頂部に向けてと後頭部から頭頂部に向けて、指の腹を使いながらマッサージします。
  5. 最後はもう一度手のひらの下部分を使って、1回目の時よりも優しくマッサージしていきます。

簡単ですがこれだけでも十分に効果を得ることができます。頭皮をマッサージする際はあくまでも気持ちいい程度の力加減で行うようにしましょう。

爪を立ててしまったり、強く擦るようにマッサージしてしまうと頭皮に負担をかけてしまうので逆効果です。負担がかかると頭皮が炎症し、抜け毛や薄毛の症状を引き起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。

育毛剤やエッセンスを塗布することで滑りが良くなるので、マッサージしやすくなります。特に育毛剤を使用すると成分が深部に浸透しやすくなるのでオススメです。

シャンプー中にもできる髪様シャンプー

シャンプーする際は1回目と2回目で分けます。1回目は頭皮についた余分な皮脂を取り除くため、2回目はマッサージをメインとして行っていきます。

  1. まずは1回目のシャンプーなのですが髪の毛につける前によく手でなじませてから、つけていきます。
  2. 5本の指の腹を使って優しく頭皮を洗うようにシャンプーを泡立てます。
  3. 1〜2分程度洗ったら、お湯でしっかりと洗い落とします。
  4. 次に2回目のシャンプーですが、1回目のシャンプーと同じように手のひらでなじませてから頭皮につけていきます。
  5. 側頭部と後頭部から順番に洗っていきます。これは心臓に近い部分から洗うことで、血行促進作用を高めるためです。
  6. 生え際からつむじまで、頭皮を寄せるように指圧していきます。
  7. 生え際を指の腹を使ってくるくるとマッサージします。
  8. 次に手のひらの下部分を使って頭頂部の頭皮を上に持ち上げるようにマッサージしていきます。
  9. 最後は指の腹を使って頭皮を動かすような感覚で洗い流したら完了です。

2回分けてシャンプーするのはめんどくさいと思ってしまうかもしれませんが、ある程度の皮脂を最初に取り除くことで頭皮環境を清潔にすることができますし、マッサージの効果が高まります。

また、洗い流す際はゴシゴシと擦りながらすすぐのはやめましょう。このようにしてしまうとせっかく生えてきた新しい短い毛が抜けてしまう可能性があります。頭皮を洗うということを意識してみると良いです。

RECOMMEND

-Uncategorized

Copyright© 頭頂部が薄い男の対策術 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.